Category

防府南教室

無料英語診断テスト

こんにちは。いよいよ夏休みが始まりましたね。

今年は、お祭りもありそうですし、ワクワクしますね。

お祭りというと、りんご飴を思い出しますが、英語では「candy apple」といいます🍎

そのほか、ベビーカステラは「Japanese sponge cake」

金魚すくいは、「goldfish scooping」といいます。

こんな風にお祭りで見かけるものは英語でなんて言うんだろう?と思って、

自分で調べてみるといいですね!!

 

以前のブログで「CASEC]CASEC(キャセック)-Y | recommend-info

というテストを紹介させていただきましたが、

今回は、無料で自分の英語力を判定することができる「Cambridge Assessment English」

Test your English | Cambridge English

をお知らせしようと思います。

このテスト、私もチャレンジしてみたのですが、

文法問題だけでなく、長文の穴埋め、リスニングもあるので、総合的な英語力の判断をしてもらうことができます。

まずは、「Young Learners」のテストから受けてみてはどうでしょうか??

 

テストというと、みんな悪いイメージを持ちがちですが、そうではなく、自分の強みを生かすものだというふうにとらえましょう♪

 

レベルに合わせて長文対策できる!

最近では、隙間時間をつかって勉強できるサイトがたくさん増えてきています。

個人的に私が発見していいなと思ったサイトを一つお知らせしようと思います。

「Readable」というサイトをみなさん、ご存じでしょうか?

https://play.google.com/store/apps/developer?id=Readable+English+Stories&gl=US

スクリーンショット画像

引用元:Google Play
これは、自分のレベルに合わせて、英語の長文を読むことができます。
また、書く文章、リスニングもすることが可能で、音声も聞くことができます。
CEFRは、近年、自分の英語習得度を測る指標にもなっており、
A1が英検5級から3級レベル、
A2が英検準2級レベル、
B1が英検2級レベル、
B2が英検準1級レベル
に相当すると言われています。
英検を受験しようとする人はこれをうまく活用して、勉強に役立てるといいですし、
英検を受験するという目的ではなくても、
もし、英語の長文が苦手で全体的な英語力を上げようと思っている方は、レベルは関係なく、
自分の興味のある内容に絞って読むのもいいかもしれません♪
実は、長文のテーマも様々なのです。
英語以外の勉強で手がいっぱい!という人は多いです!!
だからこそ、隙間時間を上手に活用することが大切なのではないでしょうか。

https://education-group-hofu.com/%e9%98%b2%e5%ba%9c%e5%8d%97%e6%95%99%e5%ae%a4/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%81%ae%e5%ae%9a%e6%9c%9f%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%a7%e7%82%b9%e6%95%b0%e3%82%92%e5%8f%96%e3%82%8b%ef%bc%81/

 

 

 

防府南教室だより⑮
~1学期期末テスト得点!!~

こんにちは、教室長の西です。

 

今日は多くの中学校では終業式がおこなわれ、明日からはいよいよ夏休みですね。

 

1ヶ月の休みを無駄にしないためにも、明光アプリで配信をされた”なるニュー”を参考にして充実した夏休みを過ごしてください。

 

今日は期末テストの結果を紹介したいと思います!

 

■5教科

①中学3年生 華陽中学校 女子 458点!!

②中学1年生 華陽中学校 男子 435点!!

③中学3年生 華陽中学校 男子 433点!!

④中学3年生 華陽中学校 男子 430点!!

⑤中学1年生 華西中学校 女子 425点!!

今回はその他に8割を超えた生徒が6名いたので、11人の生徒が8割を突破しました!

 

みんなおめでとう!

続いては各科目の紹介です!

 

■国語

①中学3年生 華陽中学校 女子 91点!

②中学1年生 華西中学校 女子 91点!

③中学2年生 華陽中学校 女子 90点!

8割突破人数他4名 計7名

 

■社会

①中学3年生 華陽中学校 男子 97点!

②中学3年生 華陽中学校 女子 94点!

③中学1年生 華西中学校 女子 94点!

8割突破人数他11名 計14名

 

■数学

①中学3年生 華陽中学校 男子 97点!

②中学3年生 華陽中学校 男子 94点!

③中学3年生 華陽中学校 男子 92点!

8割突破人数他8名 計11名

 

■理科

①中学3年生 華陽中学校 男子 100点!!

②中学3年生 華陽中学校 女子 94点!

③中学1年生 華陽中学校 男子 92点!

8割突破人数他7名 計10名

 

■英語

①中学1年生 華陽中学校 女子 93点!

②中学1年生 華西中学校 女子 92点!

③中学2年生 華陽中学校 女子 89点!

8割突破人数他6名 計9名

今回の期末テストもたくさんの塾生が8割を突破しました!

 

期末テストは中間テストに比べて、科目数も多く、内容も難しいですがみんな頑張ってました!

 

特に1年生は中間テストの反省を生かして期末テストの対策に取り組んでいました!

 

次は10月末の2学期中間テスト!

 

まずはこの夏休みに1学期の復習をしっかり頑張りましょう!

英語の定期テストで点数を取る!

英語の期末試験の結果がぞくぞくと返却されていると前回のブログで書きましたが、

最近の傾向として、本当に点数を取ることが難しくなってきています。

特に難しくなるのは、中学2年生からだという印象を私は持っています。

中1では90点台を取っていたのに…どうして…というのは誰もが経験していることでしょう。

特に今、何が難しくなっているか、その考えられる要素をここでは、書いていこうと思います。

 

例えば、英作文

これまでは、英作文は指定された日本語にそった英語を書くというのが一般的でしたが、

今は、自分で考えて表現する能力が問われています。

今回の期末でも、それぞれの中学校、また学年によってテーマは異なりますが、

次のような内容が主に出題されていました。

おすすめの場所についてALTの先生に英語で紹介するための文章を書く

自転車に乗っている時に音楽を聴くことは賛成かどうか

自分の所属している部活動について、などなど。

しかも、条件に合わせて、英文を作っていかなければならないのが大変です。

 

(スピーチテストもほぼ必須で、

例えば、教科書の登場人物が、俳句に関することを言えば、俳句を英語で書かなければならないという宿題が出ているところもあるそうです。)

 

日頃から、いろいろなことに関心をもって自分の意見を持っておくことが大切ですね。

 

また、定期テストで生徒さんが苦手ということが多いのは、

ある会話文あるいはスピーチについて、その要約文を作成する問題が出た時です。

頭文字が指定されてあったり、というヒントがある場合もありますが…

例えば、

( )にあてはまる英単語を書きなさいという問題で、英文に出てきた単語をそのまま書き抜く問題はみんなできるのですが、

要するに、この会話文は何が言いたかったのか?を別の言葉で表現することが難しいようです。

例えば、earn money for their family という文章が、(w   )for their family ←この( )に入る単語は?

となったときにどんな単語が入るのか?といった問題です。

答えは、「work」ですが、こうした問題に対処するためには、日頃から、教科書はもちろんのこと、

たくさんの英文に触れて、英語に慣れるということが必要なのです!

この慣れが、日々の定期テストだけではなく、高校入試に対応できる自分を作っていくのです。

これまでは、テスト前に少し勉強をすれば、点なんて簡単に取れていたかもしれませんが、時代は日々、変化しています。

即席ではなく、真の英語力は、日々の積み重ねなのです!

 

防府南教室では、夏期講習は、中1・2年生は、まずは「自分の好きを伸ばそう」をテーマに暑い夏を乗り切っていこう!

英検の対策をすることは、上記のような内容に対処するためには必要ではないかと思います。

中3生は日々のチェックテストを確実にできるようになって、自信をつける!

そして、夏休み明けにある習熟度、その先にある高校入試に備える夏!を掲げています。

 

みなさまの来塾をお待ちしております。

 

 

 

 

中学校の英語対策

 

中学校の英語対策

期末テストがぞくぞくと返却されてきていますが、1学期の締めくくりは、どのような成績で終えるようになりそうですか?

さて、今回は定期テストの問題の中でも特に英語のリスニングにフォーカスして書いていこうと思います。

 

英語のリスニングの中で「一番難しい問題とは?」と聞かれたら、みなさんだったらなんだと答えますか?

今回、ある中学校では、

①英検と同じ形式の問題

対話を聴いて、その内容についての英語の質問について適する答えを選ぶ形式。

これは、英検3級の第2部の「対話文を聞き、その質問に対して最も適切な答えを選ぶ形式」と似ています。

 

②山口県の過去問のリスニング(テスト3)と同形式の問題

対話文を聞いた後、その内容に合うように、場面にふさわしい英語を書いて、文章を完成させる問題です。

 

③対話文の放送を聞いた後、内容に合うように、空欄に入る日本をを書く、という形式の問題

 

上記のような内容を中心として、出されていました。

 

私は個人的には③の形式の問題が一番難しいと思います。

というのが、対策が全くことなってくるからです。

本来、英語のリスニング対策では、聞き取った英語をそのまま英語のまま理解するというのを目的に演習を重ねています。

しかし、いったんそれを日本語になおすという作業は、その逆行するようになるので、あまりおすすめできないのです。

例えば、会話文で聞き取っている英語をいちいち日本語になおしていると、会話の流れに追いつくことができないのです。

ですが、そうした解きにくい問題も対策をすれば、できるようになっていきます!!

それには、それぞれの中学校に合ったリスニング問題の傾向をとらえて、対策していく必要があるのです。

 

ということで、この夏リスニング対策を一緒に南教室でしていきませんか?

体験授業もしていますので、夏の弱点克服をしていきましょう♪

来塾をお待ちしております。

 

 

防府南教室だより⑬
~夏期講習スタート!!~

こんにちは、教室長の西です。

 

もう上半期が終了して、今年も残り6ヶ月… 時間の流れはとても早いですね。

 

7月になって私は今年も明光ポロシャツで教室に来ています!

 

デザイン性は少し見劣りしますが、機能性重視です!

 

7/1(金)から防府南教室では夏期講習がスタートしました!

 

毎回の講習で皆が楽しみにしてくれているくじ引き大会を今年もやります!

 

授業を頑張ってパスポートにたくさんポイントを集めよう!

教室でもいろいろなシールを用意したので、シール集めも一つの楽しみにしてくれたらなと思います!

そして、今回新たに追加されたくじ引きの景品の紹介です!

分かりづらいですが、左から、

 

ノック式水性カラーペン、タッチペン、クリアペンケース

 

となってます!

 

どの景品もLOFTさんとのコラボ商品になっている非売品です!

 

私も欲しいなと思う景品がこれまでにかなりありました笑

 

誰が目玉商品を当てるのか楽しみにしています!

 

授業、くじ引きなどで盛り上がって、熱い講習期間にしていきましょう!!

 

前回の記事はこちら↓

防府南教室だより⑫~1学期期末テスト テスト対策会~

小学生の英語

今、明光義塾防府南教室では、

小学生は「みらい英語」というタブレットで英語の発音等を確認できる教材で学習してもらっていますが、

この「みらい英語」で出てきた単語が、中学校の英語の教科書では、たくさん出てきます!

例えば、

apple

banana

cow

dog

eggなどなど。。

また、先日、中関小学校の5年生は英語のテストがあったようですが、

そのお題が、「When is your birthday?」でした。自分のお誕生日を正しく言えるかどうかがポイントだったようです。

みらい英語でまさに発音の練習をする項目だったので、みんな話すことができたはずです。

 

また、華西中学校では今回の期末テストで、自分のお誕生日を正しく書けるかどうかのテストがありました!!

みらい英語で学習していたら、なんなく正解を書くことができていることでしょう。

 

「みらい英語」を学習する時期は低学年であればあるほど、英語力が伸びると私は思っています。

発音の確認を一緒にしつつ、

楽しく、英語の表現力を身に着けていきませんか?

また、生徒さんのご希望に合わせて単語学習をしたり、ノートにその単語をどう使ったらいいかの練習もしてもらっています!

 

 

高校生の英語対策~防府商工&防府西高の場合~

防府南教室だより⑫
~1学期期末テスト テスト対策会~

こんにちは、教室長の西です。

 

今年はもう梅雨が明けたそうですね。これまでで一番梅雨明けが早かったそうです。

 

ジメジメした生活が早く終わったのは嬉しいですが、これからは暑い日々…

 

今年も夏バテだけはしないように元気一杯で頑張ります!

 

今週には夏期講習もスタートするので、熱い夏期講習になるように盛り上げていきます!

 

今は期末テスト真っ只中ですね。

 

テスト期間になって自習に来る生徒も多くなりました。

 

そんな中、日曜日は中学生がメインのテスト対策会を実施しました。

 

今回は久しぶりに午前中からスタートして、18時までの7時間実施しました。

 

その日は久しぶりの早起きだったので1日がとても長く感じました笑

 

長丁場でしたがみんな良く集中してましたし、先生にたくさん質問することが出来ていました!

 

期末テストは科目数が多くなるので大変ですが、1学期のテストを満足できる結果で締めくくれること、中間テスト同様にたくさんの嬉しいニュースを聞けることを楽しみにしています!

高校生の英語対策~防府商工&防府西高の場合~

今回は、高校生の英語の中でも防府商工と防府西高校の対策についてお話ししようと思います。

高校1年生は、高校生になってから初めてのテスト、どうでしたか?

範囲が広くて、どこをどのように勉強したらよいか分からない(‘◇’)ゞ

 

という人が多かったことでしょう。

これまで、防府商工と防府西高校の生徒さんのテストの内容を総合的に分析して、

どのような対策をとったらいいかここでお話していこうと思います。

 

授業中に配布されたプリントは絶対にもう一度解くこと!!

学校で配布されたテキスト(副教材)のワークブックも最低2回は解くこと!

教科書で出てきている単語や大事な文法項目が含まれている文章は文ごと暗記すること!

 

例えば、防府商工の機械科のテキストの内容でご紹介しましょう。

今回のテスト範囲は、Lesson3の「Onigiri Goes Overseas」であれば、

新出単語の「appeal」「overseas」「handy」などは意味とスペルも書けなくてはなりません。

それとまとまりで意味を持つ表現の意味とスペルも書けなくてはいけません!

例えば、「all over the world」、「fast food」などなど。

ただし、覚えるときのポイントとして、

単語と日本語をセットに書いて覚えるのもいいのですが、

そうすると、教科書の本文のどこでその表現が出てきているのか、分からず、

穴埋めにしなければならない問題が出た時、できないということが起こりがちです。

なので、例えば、「appeal」の入った文、「Why does onigiri appeal to people overseas?」の「appeal」の前後の表現も覚えておかなければなりません。

ただ、新出単語が入った文章って言ったら、教科書の文章を丸ごと覚えろってこと?

という人がいるかもしれませんが、そうではありません。

本文を1文ずついちいち書いて覚える必要はありません!(予習として、教科書の本文を写してもらうことはありますが)

音読を徹底して行うようにしましょう!

1日1ページだけでも構いません!最低、1回、本文を読むということを習慣にしてみてください!

これを毎日続けるだけで、文章の流れはある程度把握することができます。

また、スペルも毎日見るようになるので、どこが穴埋めで出そうかな~?と予測を立てることも可能です。

 

その際、新出単語には赤色のマーカーをひく、まとまりで意味を持つ表現には、黄色でマーカーをひくなどしておくと、

どこがポイントか視覚的にもわかりやすくとても効果的です。

 

そういったコツについて、塾の授業で生徒さんとともに取り組んでいるのが、明光義塾南教室です。

 

大前提として、学校の授業を聞いておくことがとても大事です。

先生は必ず、その授業の単元の中で大事なことを何度も説明してくれているはずなので、そこを聞き逃さないようにしましょう。

塾で学校の授業の予習をする

学校の授業でその内容を確認(そのためにも授業内容をきちんと聴く)

塾でさらに授業の復習をする

 

この流れでいけば、高得点間違いなしです!!

期末テストに向けて、頑張ってみませんか?

問い合わせをお待ちしています!

 

 

時間の使い方

今日は視点を変えて、

みなさんは、「自由」ということについて考えたことがありますか?

 

あ~勉強したくない!

休みがほしい!

もっと自分の自由な時間がほしい!(お金ないけど…)

などと、みなさん、1度は考えたことがあるでしょう。

 

今回の中間テストの成績を見ていて、成績のいい生徒さんの特長って何かなぁと考えた時に、

時間の使い方が圧倒的にじょうずだなと感じます。

ある生徒さんは、「今回の中間テスト週間の前後に、委員会活動もして、部活動も頑張ってしていました」

と話してくれていました。

そんな明らかに忙しい状況下の中でも、勉強の時間と自分の自由な時間を捻出しているのは素晴らしいことだなと感じます。

 

余談ですが、

先日、Youtubeで「30代の懐かしの曲」というのを見つけました。その中のみんなのコメントをまとめると、

若い時は、仕事大変だなぁと思っても徹夜してでもクラブとかに行って遊んでいたということを書いている人が多かったです。

確かに、私も「次の日が大変になるから、今日は飲み会に参加しないでおこう!」なんてあんまり考えたことがなかった気がします。

就職して、最初の年に資格試験にどうしても受からなければならないという状況下でも、

何とか遊ぶ時間を確保して、遊びつつ、資格試験の勉強も仕事もこなすという日々でした。

 

なので、いつも「自由」ということについて考えるときに思うのが、

高校生の時の国語の教科書に掲載されてあった、安部公房さんの小説「鞄」という小説です。

「鞄」があることによって自由がなくなってしまうと考えていた主人公でしたが、「鞄」(いわば足かせのようなもの、と私は解釈していましたが)を誰かに譲渡したときに、

「自由」ということの「不自由」を感じたという内容だった気がします。

しがらみがあるからこそ、生きやすいということもあるのです。

 

いろいろな縛りがあるからこそ、私たちは、自分のためだけの時間の使い方を学び、いかに計画を立てて、自分の目標に向かって、

自分を律していくことが大変かを学んでいくのでしょう。

 

みなさんもすでに学んでいるかもしれないし、これから学ぶかもしれません。

 

小学生は、今のうちから、しっかり勉強する習慣をつけ、時間の使い方を学んでいきましょう♪