KEN-Tブログ

受験生の夏休みの過ごし方 東大卒 KEN-Tブログ

By 2019年7月30日 No Comments

こんにちはKEN-Tです。

 

受験生の皆様、夏休み勉強は捗っているでしょうか。

 

今日は受験生が夏休みにどのように過ごさなければならないかを書いていこうと思います。

 

一言で言ってしまうと、「第一志望校に受かりたいならば夏休みは全てを勉強に捧げろ」ということです。

 

もちろん、それぞれ志望校と現状のレベルとのギャップはあるかと思いますが、現状志望校の合格が確実でない人は必ず夏休みは勉強に捧げるべきです。

 

起きている時間は全て勉強するくらいの気持ちでいいでしょう。移動時間、風呂に入る時間、トイレにいる時間なども使ってしまいましょう。

 

僕自身も受験生の時には起きて塾に行って勉強して帰って晩飯を食べて、暗記と一日の復習をして寝るといった生活をしていました。起きている時間を全て勉強に捧げるのは大変なことかもしれませんが、まずは試しに一週間やってみましょう。人間はそれが習慣になれば、必ず実行できるようになります。

 

また、受験というのはそれほど厳しいもので、ここまでやってやっと第一志望校に受かるか五分五分のレベルのところまでいけるパターンが多いでしょう。

 

もちろんよく言われるように、勉強は量だけではなく質も大事です。

 

しかし、本当に合格したいのであれば、まずは他の受験生に量で負けてはいけません。最終結果がどうなるかはわかりませんが、量で負けてしまったら必ず後悔します。

 

逆に、量がしっかりとこなせていれば、仮に第一志望校に届かなかったとしても、目標を定めてそれに向かって一生懸命努力した経験やPDCAサイクルを学べたことは一生役に立つものになります。

 

現状まだ第一志望校には厳しい受験生が多いとは思いますが、諦めずにまずは1日最低10時間しっかりと勉強できるように頑張ってください。

 



そして、自分の勉強記録を必ず残すようにしてください。

 

マイスタ教室でもstudyplusを用いて必ず勉強記録を残すようにしています!!!

 

実際、早稲田大学を目指している生徒さんは夏休みに入ってからの平均勉強時間は11時間と頑張ってくれています!

 

しっかりと自分の勉強時間を記録して、うまくいったところは継続して、うまくいかなかったところは修正していきながら受験まで頑張っていきましょう!!!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

Twitterもやっています!良かったらフォローお願いします!

 

Leave a Reply