Category

大学入試

専門職大学校 注目は I(アイ)専門職大学校 生徒さんも保護者さんも注目

専門職大学校制度スタート

専門職大学というのは、聞きなれない言葉ですね?

それも当たり前で、2019年4月より開始される新しい制度です。

専門学校~将来の就職に向けて技術を身につける学校

専門職大学~将来的に産業をリードできる人を育成するために産業界と連携しながら専門的なことを広く実践的に学ぶ学校として設立

ということです。言葉で言うと「ああ、そうなんだ、、、」という程度かもしれませんが、この専門職大学には産業界からの大きな期待が入っていることは押さえておくべきでしょう。

勿論、先輩がいない?という心配もあるでしょうが、その不安を差し引いても大きな可能性がある選択肢であると考えます。

要注目のI(アイ)専門職大学

そのなかでも最注目なのが、I専門職大学です。

「在学中に全員が起業する」という目標を明確にしているところが普通の大学ではありえないところ。

これは単なる目標ではなくて、「卒業要件」になっているというから本気度が伝わります。

教授陣も富士通やNTTグループといったIT(情報技術)企業やメディア企業、ユニークなところでは吉本興業といった大手企業の最前線で幹部を務める現役の企業人が就任予定のようです。



現場感覚がある教授に指導してもらうことは学生にとって素晴らしい経験になるでしょう。

懸念点として、一方で私自身は理論というのも必要であると考えており、

ホリエモンさん(実務家)と楠木健さん(一橋大学教授)で「コンビニ居酒屋」で二人がバトルになったときは、どちらもファンなだけに心配になっていました。

また、企業幹部というのが日本的サラリーマン幹部では意味がないということです。

イノベーションについて、世界的に有名なプログラマーである中嶋聡さんはつぎのように語っています。

突き詰めて考えれば、イノベーションを起こすのは「こんな世界を実現したい」「こんなライフスタイルを人々に提供したい」という誰かの「熱い思い」なのです。

しかし、イノベーションのアイデアは、先進的であればあるほど、大半の人にとっては「突飛で理解できないもの」であり、合議制でものを決めようとすると、「そんなもの作れるはずがない」「そんなもの作っても、誰も喜ばない」「売上に結びつくとは思えない」と反対されて潰されてしまいます。

多くの従業員を抱え、既存のビジネスと数多くの顧客、株主を抱え、かつ、鶴の一声で物事を決めることが出来たカリスマ創業者が去り、会社のオーナーでもない「サラリーマン経営者」が経営する大企業において、そんなイノベーションをどうやって起こすのか、というのは、本当にとても難しい問題なのです。

典型的なサラリーマン社長や、サラリーマン幹部からは学ぶことは少ないということですが、おおむね私も同意します。

当然、そこらへんは考えてくれているとは思いますが、、、

いずれにしてもI専門職大学が注目であることは間違いありません。

 

 

共通テスト配点確定!! 英語に衝撃走る!!!

共通テストの配点が確定した、、英語がサプライズ!

 

<国語、数学①>
国語と数学(Ⅰ、ⅠA)に記述式が入り、試験時間が延長(国語;80 分⇒100 分、数学①;
60 分⇒70 分」)。記述式の配点は、国語は満点外で「マーク=200 点」+「記述=段階別」。
数学は満点内で「マーク+記述=100 点」。国語は段階別評価(試行調査では A~E 評価)
のため、満点内に組み込めず、数学は点数が与えられるため、満点内におさまった。
<英語>
試験時間は変わらないが、配点が大きく変更。リーディング、リスニング各 100 点の均
等配点となった。なお「筆記」は「リーディング」に名称変更している。共通テストの英語
は Reading と Listening の 2 技能を測定するという性質が明確化された。

英語の試験時間はリーディングが80分。共通テストでは「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測る民間検定試験も導入されることから、従来の筆記に盛り込まれていた発音やアクセント、語句整序の問題は取りやめ「読む」力を測る出題となる。



根本的な変革が行われたのが英語・数学・国語 だが、その中でも英語の変革は「革命」という言葉がふさわしい。



もともと、民間試験の導入にも「公平性」の点から問題点が指摘されてきた。

  • 「それぞれ(民間試験により)測ろうとする能力が違うため、問題の内容や採点方法も異なる。結果を横並びで比較することはできない」
  • 一部の採点を海外拠点に任せている試験もある。
  • 「会場が遠い地方の生徒が不利になる」
  • 「練習で受験するたびに受験料がかかり、家庭の経済状況で差が出る」

などだ。それでも、民間試験の導入を押し切り、配点を大きく変更したのは、

「多少の公平性を犠牲」にしても、4技能へのこだわりを明確にしたかったからに他ならない。

テストの平均点がさんざんだった試行試験の結果を見ても、ある筋からは「問題があるのは学生側、試験を簡単にして高校生に媚びる必要はない」との声も聞こえた。

これらの点を踏まえても、「ゆとり教育」と同じ轍を踏まない!という文科省の本気度が感じられる。

「ゆとり教育」では現場を変えても、入試制度が変わらなかったために失敗に終わったという経験がある。

今回は、入試制度を変えるから、学校側・生徒側が変わりなさいという劇薬のような改革だ。

受験生は相応の準備をしておかないといけないだろう。

それだけの覚悟が文科省にはある。

 

 

 

大学入試 新テスト(共通テスト)の平均点は大幅に下がる!

数学の平均点は驚きの3割以下

 

大学入試センターが2018年11月に実施した大学入学共通テスト試行調査(プレテスト)の最終報告をまとめたところ、記述式問題が出題された数学Ⅰ・Aで平均得点率が3割を下回るなど、5科目で目標としていた得点率5割程度に届かなかったことが分かった。

 記述式問題は数学Ⅰ・Aで計3問が出題されたが、正答率は3.4~10.9%とかなり低い結果となった。マーク式も含めた数学Ⅰ・Aの平均点は26.61点で、平均得点率の目標に及ばなかった。

国語でも記述式問題が3問出題された。評価は点数でなく、A~Eの5段階で表示され、最高のAが14.5%、Bが14.6%、Cが29.9%、Dが30.8%、Eが10.3%だった。自己採点の一致率は66.0~70.7%となり、2017年11月実施の前回試行調査の67.0~77.4%を下回っている。

新テストを実際に解いてみた高校生も多いと思いますが、どうだったでしょうか?

「問題量が多い」「設問の文章が長い」「自己採点と一致しなかったらどうなるの」とか不安や心配事が多いですよね?

でも、もっとも知りたいのは「こんな難易度のままでするの?」ということでしょう。

ご存知の通り、現行のセンター試験は平均点6割を目指して作成されています。

一番低かった年度が2015年度の数学2Bで 39.3点です。

(ちなみにKEN-T先生はこの年の受験で、、、、当然の100点をたたき出しています。)

平均6割を目指しての4割切りですから、作問者が責められたのは容易に推測が出来ます。

そして、某巨大掲示板が荒れに荒れたテストでもありました。



スポンサーリンク
 

テストを作る側は譲る気はない!

 

今回、ある研修でわかった一つの事実は「少なくとも作問者側は問題のレベルを下げるつもりはない!」という事実です。数学の筆記、正答率が3%であろうと関係ないというスタンスです。

言い換えれば、この問題で平均点が50点以上になるように(新テストの目標平均点は50点)指導者はしてください!ということだし、受験生は準備してください!ということです。

出口を明確にしているということですね。

このスタンスは英語にも見られます。外部試験の導入という大きな流れがありますが、問題点として言われているのは「受験生の公平性」です。大体以下の6点が指摘されていますね。

極端な話、同じ英検2級合格ですら6月と10月では問題が違うではないか?とかの意見もありますが、一番大きいのはスピーキングの評価でしょう。

いやいや評価どころではなくって、「そもそもスピーキングって学校で習ってます?」的な問題も出てきます。

これに関しても、基本方針としては押し切る雰囲気がひしひしと感じられます。



スポンサーリンク
 

今回は本気だと思う理由

 

日本の経済的な凋落にたいする、まったなしの危機感の表れが前回のゆとり教育とは大きく違うところです。ゆとり教育の時も目指している方向性は間違っていなかったのですが、入試が変わらなかったことにより現場も変わらなかったという苦い経験を文科省はしています。同じ轍は踏まないという覚悟ですね。

つまり、今回の入試改革の目的は,公正・公平に入学者選抜を行うことではなく,入試を変えることで教育をさらには、日本を変えていくことにあると断言できるでしょう。

そう考えると、推薦・AO入試合格者の割合を国公立でも3割以上にしなさいという通達の意味も分かってきます。

教育の現場で育むことのできない能力を入試で問うことによって教育を変えるという、まさに逆転の発想による荒療治が行われようとしているのです。

受験生は、登る山の高さが変わったのではない!登る山が変わったことに気づくべきでしょう!

 

大学受験は甘くない 4月時点の第一志望 実際には受験できない説

大学受験は甘くない

このことはしっかり認識しておかないといけないです。

高校入試の倍率

こちらをみてもらったらわかると思いますが、公立高校の倍率は進学校で1.3倍。

山口大学の倍率

そして、山口大学(地元国立大学)の倍率は、2倍強~高いところは8倍!!なんていう場合もあります。

簡単に言うならば、

高校入試=受かる人が多い試験

大学入試=落ちる人が多い試験

ということになりますね。

 

4月の志望校、受験さえできない説

そして、高校入試の成功体験がある多くの受験生は「なんとかなるさ、、」とたかをくくって高校1・2年生を過ごして高校3年生に突入します。

ある種の生存者バイアスですね。つまり、中学時代の成功体験に自らが縛られるという、、、

結果、ある予備校のデータによると、

4月の第一志望校を最終的に受験する割合は、5%!!!という驚きの結果になります。

つまり、大学受験=第一志望校をうけることすら難しい試験!

と定義してもよいでしょう!

 

勉強の成果=努力の量×努力の質×やる気(モチベーション)

 

第一志望校を受験するぞ!と強い覚悟が決まったなら、勉強の成果を決めるものをセグメント別に攻略していく必要があります。

具体的には、量・質・やる気ですね。

量については

例えば、

九州大学理系学部 合格者 年間平均勉強時間 =1941時間 !というデータがあります。

ですので、この1941時間をどうやって捻出するか?というのが受験生の最初の課題になります。

そして、次は何をするかですね。

これが勉強の質になります。

昔=情報がない時代

今=情報過多の時代

どっちも難しいです。

現在〇〇歳の私は、本屋で数学は赤チャート・古文は古文研究法をかって自滅した記憶があります。

情報がない時代の典型でっす(笑)

また、当時に比べて受験が複雑化しております。

山口大学もそれなりに複雑な学校の一つですね。

ですので、受験は戦略が大事だということを認識して、よいメンターにアドバイスを受けるとよいでしょう。

これが二番目の課題です。

でも、最後は「モチベーション」 ですね!

本日は、最後にみなさんが誤解しているやる気についての科学的な事実をお伝えしましょう。。。。

それは、、、、、脳科学的には

やる気」という言葉は、「やる気」のない人間によって創作された虚構であるという事実!です。



スポンサーリンク
以下は脳科学者の池谷さん(東京大学薬学部教授)の言葉の引用です。

人間は、行動を起こすから「やる気」が出てくる生き物なんです。

仕事、勉強、家事などのやらないといけないことは、最初は面倒でも、やりはじめると気分がノッてきて作業がはかどる。そうした行動の結果を「やる気」が出たから…と考えているだけなんですよ。

 

では、「やる気が出ない」から行動を起こせないというのは…?

それは心理的にありもしない壁を勝手につくっている状態「やる気が出ない」というのは虚構にすぎません。

だから、面倒なときほどあれこれ考えずに、さっさと始めてしまえばいいんです。「やる気を出すにはどうすれば…」と考えるだけで行動しないことは、時間の無駄でしかありません。

 

でも、やる気が出ないなあああ!と思ったそこのあなた!!

「やる気が出ない」から「勉強しなくてもよい」という嘘の物語を脳が作っているだけです。

さあ!

勉強スタートです!!!

 

 

 

貴公子の数学チェック 2019年広島大学理系

全体的に難化

昨年からは難化していると思われます。○○君「解けた!」と言ってましたが、頑張ってくれたんだなあと思えるもんだいですね。

普通に解いて150分かかるレベルの問題でしょう。

また、相変わらず融合問題が多いです。

学校の授業の延長、つまり単元ごとの履修では、偏差値以上のむつかしさを感じるかと思います。

融合問題への対策が合否を分けるでしょう。ただし、そんなに難しくはありません。

ここらへんは、受験校に応じた対策が必要です。塾の先生の腕の見せ所ですね。

設問ごとの感想

問1

文理共通とのことです。この問題は落としたくないところです。ここを無難に通過できたかどうか?

指数と数列の融合問題。対数を取りたくなりますがどうでしょうか?対数をとれば(2)は簡単だったかと思います。

(3)等比数列であることの証明ですので簡単です。 この問題は完答したい!

問2

確率の問題ですが、難しいときの広大の問題。実際に試行してみることが重要だと思われます。設定がややこしかったので、私も解答までに20分弱かかった問題です。(笑)

完答は難しいと思われますが、(1)(2)でどれだけ得点できたか?




スポンサーリンク

問3

微積の問題です。定型問題だけに、計算が重くなっています。(広大受験生なら定型問題だと思ってほしい)正確に最後まで解けたかどうか?

(1)(2)は問題ないと思います。1ラジアンの定義がわかっているなら(センターでもきかれましたね)あたりはつけやすいと思います。

(4)は直接出しに行くと迷路になります。s1-s2の符号で決めるもんだだと気づければオーケーです。

私の解答時間、17分

問4

複素平面です。この問題が解けたかどうかで数学の評価が定まる問題だと思います。

(1)(2)は問題ないでしょう。(3)が解けたでしょうか?

解答時間15分

問5

文理共通ということですが、後半は理系のみですかね?前半は落とすわけにはいきません。ただ、理系受験者の特徴として、意外と平面図形の問題をやっていなかったりするので、私が感じる難易度以上に差がついているやもしれません。

さらに(5)はある意味捨てでもよい問題かもしれません。時間制限がある入試では厳しいかなと。

解答時間25分

(この問題の感想、、、計算したくない、、、)

 

 

大逆転合格 マイスタ 防府駅前教室も高3生満席です

ごめんなさい。駅前教室も高3生満席です。

圧倒的逆転合格を誇る、マイスタ 昨年度は

東京大学・名古屋大学・広島大学・山口県立大学に見事逆転合格を果たしました。

今年は、枠を広げて募集しました、、ですが、、もう満席です。

理系の貴公子、受験ルートの神様、トーイックのプリンス、古典のプロフェッショナル

そして、受験レベル99の教室長が最大のパフォーマンスを発揮するために募集を中止します。

ごめんなさい。

 

高1・高2生は残り2名+来年度の予約

一方の高1・2生も、枠は残り2名となっています。

また、来年1月からのご予約は受け付けております。

マイスタで逆転合格をしたいと考えている、現高2生で「マイブース」の確保がしておきたい人は

早めに申し付けください。

 

 

現代文の得点を上げる 明光義塾×受験コンパス=マイスタ

「現代文」を伸ばそう

あなたはセンター現代文で8割とれますか?

宗慶二さんの授業をとって現文8割を取りましょう!

 

センター現代文で8割とれる力を持つことが出来たなら、以下のことが実現します!

 

  • 「現代文」で8割以上取れれば、センター国語8割は計算できる
  • 「現代文」は1問当たりの配点が大きく入試を左右する。1点を争う入試で安定感を手に入れることが出来る。
  • ほとんどの人が対策を取らないので実は一番差がつく科目
  • 評論文の解き方を学ぶことで同時に小論文が得意になる(入試の多様化にも対応)
  • 大学に入って伸びる人・社会に出て伸びる人は実は「現代文」が出来る人という事実から大学・社会での活躍を約束できる

 

現代文を伸ばすルート(これで8割はとれます)10か月で一気に完成させることも可能ですが、2年生からならじっくり学習できます。

 

今、「現代文のマエストロ」と「マイスタ一流講師」とのコラボが現実に!

一般的に、映像授業だけで成績が伸びることがまれであることは塾業界では常識ですし、脳科学の「インプット・アウトプット論」からも証明されていることです。

しかし、良質な映像授業良質な参考書最高のコーチが生徒さんを導いたらどうなるでしょう?

とんでもない結果を出すことが出来るのは容易に想像できることと思います。

それを実現したのが、明光義塾×受験コンパス=マイスタコースです。

そして、今回、そのスピンオフとして現代文限定のマイスタコースを高1高2生に準備させていただきました。

学校で行われている授業とセンター試験で問われることの乖離が一番大きい科目が現代文であると考えるからです。

 

現代文 ブロードバンド予備校「宗慶二のテーマ別攻略基礎現代文」+センター8割のルートアドバイス(進捗・わからなかった問題を明光義塾×受験コンパス=マイスタの一流講師が定期的にフォローします)

*料金はBBY講座受講料と教材費が必要になります。

現代文得点の要素

  • 知識
  • 解き方
  • 集中力
  • 知識について

漢字の知識

語句の知識(キーワード)ペシミズム アイデンティティ ポストモダン

背景知識(頻出のテーマ・最新のテーマ)言語の恣意性

最新のテーマについては、受験生がどうしても手薄になるところです。

  • 解き方について

映像授業 宗先生の現代文基礎講座(解き方だけでなく幅広く触れてくれています)

速読力(早く読む力・語彙力・要不要の判断)

要約力(論理展開を学ぶことで筆者の主張が理解できる)

テクニック(実際に問題を解く手順)

ルート(例)

・現代文の解法~1か月(平行)

・現代文読解基礎ドリル(対比・論・具体例)~2か月(平行)

・頻出現代文重要語700(意味が分かればよい)(平行)

その後

・現代文キーワード読解 左の語句をなんとなく覚える~3か月(平行)

右下の要約を自分でする⇒チェック

その後 問題演習 本文解説がついていること(設問解説だけではだめ)5か月でここまで

・入試現代文へのアクセス(基本編)対比など使う 本文解説から読む 2か月

(・入試現代文へのアクセス(発展編)2日に1題)

・全レベル問題集3 2日に1題 1か月

・センター過去問 1か月半

・全レベル問題集4

・過去問

・全レベル問題集5

・現代文と格闘する

・過去問

あくまでルートの一例です。生徒さんのスタートレベルに応じて、ルートを作成します。

お問い合わせはコチラ

3月6日 追記

マイスタコースも、たくさんの生徒さんに来ていただいております。今年のメンバーも、九大・神戸大・山口(医)早稲田狙い、あるいは大逆転合格 山大コース・県立大コースなどと充実しております。

よって、3名を上限としての募集です。

宗慶二さんの無料公開授業もあと3名程度で満席ですので、それと合わせて申し込みくださいね。

防府市の個別指導 明光義塾 私大入試の今後について①

明光義塾マイスタの石川です。今回は、私大の入試について説明させていただきます。

私大入試は今後どうなるのか?

普通に考えれば、少子化という傾向から考えて「私立大学入試」は簡単になっていくと思われる人も多いでしょう。しかし、現実は様々な力学が働くことによってそうはなっていません。

結論から言うなら、私立大学入試はここ数年においては、難化が進む!とみて間違いはありません。

主たる理由は、「定員の厳格化」と「私立大学の統廃合」です。

定員の厳格化とは

「定員管理の厳格化」とは、私大入試において、国が決めた制限数を超えて学生を入学させると、補助金が支給されなくなる制度です

もともと私大では、受かっても国公立に流れてしまう学生が一定数いるため、それを見越して余分の合格者を出すことが普通に行われていました。

ただ、私大人気が高まり、国公立に受かっても私立を選択する生徒も増えてきたため、余分に合格者を出した分だけ、入学する生徒も多くなるというケースが出てきました。

結局、学生数が増えることで私立大学は潤うわけですから、その流れに自主的にあらがうことはしなかったわけですね(笑)

となると、人気の私大ばかりに結果的に人が集まり、地方の人気があまりない私大に人が集まらなくなるわけです。

それを防ぐために文科省が示したのが「定員の厳格化」です。

その結果、中堅以上の私立大学は倍率が大きく上がっています!

早稲田    :5.6→6.7 青山学院   :5.8→7.0 駒澤             :3.6→4.3 関西学院   :2.7→3.4 などです。

統廃合により中堅以下も難化

上記の話は中堅以上の私立大学の話です。

しかし、中堅以下の大学にも別の問題が発生しております。

それは、経営難でさらに教育の質が悪い大学の補助金をカットするという文科省の方針によります。これにより、大学の統廃合は進むことが予想されます。

勿論、お役所が旗を振ってから実際に事が進むにはタイムラグがあります。ですから、急速に倍率が上がってくるということはないでしょうが、注意が必要なのは間違いありません。

推薦入試を積極的に活用しよう

このような状況の中で、さらに2020年教育改革が行われるわけですから今後の大学入試は余計にややこしくなっていくことが考えられます。

しかし、その中で方向性が明白なこともあります。それは、「推薦枠の拡大」です。

これは、私立大学だけでなく国公立大学にも共通することです。

2015年に国立大学協会が打ち出した「推薦入試、AO入試などの割合を、2021年度までに入学定員の30%に引き上げる」との方針の下、2018年度には推薦・AO入試による入学者は16.8%に達しており、今後もその数字を伸ばしていくに違いない。私立が対抗措置として、推薦・AO入試をこれまで以上に強化するのは必至である。

ゆくゆくは国立で3割程度、私立ではさらに多くの学生が、推薦・AO入試などの多様な入試方法によって入学するようになるだろう。(東洋経済オンライン)

私立における推薦・AO入試の割合は大学や学部・学科によりまちまちだが、すでに5割に迫る勢いのところも少なくない。募集人員については、推薦入試についてのみ5割を超えない範囲との規定があるが、これにAO入試や帰国子女入試、社会人入試などを加えれば、トータルで6割ないしは7割に届くといったことも可能性としてはありうる。(同)

と今後の推薦入試の傾向は明らかです。

さたに、推薦入試をしっかり活用することを考えることは、自分自身の将来をみつめることにもつながります!

それは、一般入試においてもマイナスに作用することはなく当然プラスに作用するわけですから。

「お子様の時代は、人生と向き合うタイミングがお父様・お母様の時代よりも少しだけ早まっている」ことはしっておいてください。

その上で、私たちは、現時点の偏差値から入れる大学を考えることはしません。

社会の新しい動きや変化、新しいテクノロジーなども積極的に紹介することで、生徒さんが目指す方向を決めるきっかけを作りたいと考えています。